キャリアアップ

キャリアラダー

赤十字キャリアラダーで、看護実践能力を高めていきます。
看護師の看護実践能力の指標をレベルⅠ~レベルⅤまでの5段階に分けています。
指標の柱となるのは、①臨床看護実践 ②マネジメント ③教育・研究 ④赤十字活動の4領域です。
それぞれのレベルにおいて、各領域の達成指標があります。レベルⅢ以上になると、赤十字看護師としての資格を取得できます。

教育システム

導入までの経緯
赤十字医療施設で共通のツールがない
導入の目的
①赤十字事業の推進者の育成
②看護師としてのキャリアアップ
③赤十字の看護師の質の向上
申請によるキャリアアップ
評価会の開催
目標管理
目標による自己管理(セルフマネジメント)
教育システムの図

ラダー取得者の声

  • 榎本さんの写真
    榎本さん
    私はラダーⅠを2年目の終わりに取得しました。ラダーⅠを取得するときのナラティブを書いていると、1年目には気づきもしなかった患者さんへの関わりを文章にすることで、自分の看護を振り返ることにつながるいい機会にもなりました。評価会では先輩の看護の経験からの助言や意見をいただき今後の自分の看護師としての、ステップアップの一環としてとてもよい経験になりました。ラダーⅠを取得することで自分の看護師としての自信にもつながりキャリアアップにもなりました。今後は早期にラダーⅡの取得を目指しており、もっともっと自分の看護師としてのキャリアアップ・自信に繋がるように日々頑張っていきたいと思っています。
  • 6病練 田中彩子さんの写真
    6病棟田中彩子さん
    私がラダーⅡを取得したのは3年目の時でした。私は恵まれている事に常に目標としたい先輩が沢山いました。その先輩に少しでも近づきたく、ラダーⅡを取得しました。取得の過程の中でナラティブを書くのですが、自分が行った看護にどの様な意味があったのか、一つ一つ自分がした看護を振り返る事ができます。評価会では自分のできている事や不足している事が明確となり、今後の課題を見出すことが出来きます。また、自分を客観的に評価してもらえるので自己の看護観を深めることもできます。現在はレベルⅢの取得を目指し、看護研究に取り組んでいます。これからも、専門的知識を深め、看護に活かせるように学び続けていきたいと思います。またチームや病棟だけでなく、委員会や病棟外の活動を通して、幅広い視点で看護を深めていきたいです。
  • OP 尾藤弘美さんの写真
    OP尾藤弘美さん
    私がラダーⅢを取得したのは当院で働いて4年目の時でした。当初はラダーの指標を見て、自分にはまだ足りていないことが多いなと感じていました。今までの経験や就職後に学び経験したことを整理し赤十字看護師としての研修を受けラダーⅢの評価会を行うことが出来ました。ラダー認定を受けることにより自分が今、何をしなければいけないのか、自部署での役割は何なのかを考えて行動することができるようになったと思います。教育的な関わりも増え、自分自身の看護への取り組みや考え方など振り返りながら後輩たちの行動や考え方に寄り添うように心掛けています。また上司との面接の中で自分の働き方を見つめ返したり、これからどんなことをしていきたいか等を考えて話し合う機会もあります。 手術室にはラダーの取得者も多いので、さらに上のレベルを目指してラダー取得が出来るように支援していきたいと思っています。
  • 6病棟 村嶋涼子さんの写真
    6病棟村嶋涼子さん
    ラダーⅢを取得するために重い腰を上げてナラティブを書きました。普段行っている看護の一場面を抜粋しその時に感じたことや考えたこと、発した言葉や行動したこと、それに伴いその場面での患者さんの言葉や表情・家族とのやり取りなど・・様々なことをもう一度振り返り自分の看護を改めて見つめ直す良いきっかけになりました。また、評価者からもらえる意見やアドバイスで多くの気付きを得ることもできました。
    ラダーレベルⅢ習得の指標をみるとまだまだ私には足りないところがたくさんあります。 患者さんや家族、そして多くのスタッフと関わる日々の中で、試行錯誤しながら少しずつ看護観を高めていけるよう頑張っていきたいと思います。