キャリアアップ

キャリアラダー

赤十字キャリアラダーで、看護実践能力を高めていきます。
看護師の看護実践能力の指標をレベルⅠ~レベルⅤまでの5段階に分けています。
指標の柱となるのは、①臨床看護実践 ②マネジメント ③教育・研究 ④赤十字活動の4領域です。
それぞれのレベルにおいて、各領域の達成指標があります。レベルⅢ以上になると、赤十字看護師としての資格を取得できます。

教育システム

導入までの経緯
赤十字医療施設で共通のツールがない
導入の目的
①赤十字事業の推進者の育成
②看護師としてのキャリアアップ
③赤十字の看護師の質の向上
申請によるキャリアアップ
評価会の開催
目標管理
目標による自己管理(セルフマネジメント)
教育システムの図

ラダー取得者の声

  • 7病棟 山庄久美子の写真
    7病棟 山庄久美子(卒後1年目)
    勤務して2年になりました。やっとレベルⅠを取得しました。1年目は初めての事だらけで、戸惑うことばかりでしたが、2年目になると自分にできることが増え、責任のある業務を行うことが多くなってきています。まだまだ分からないことはたくさんあるのですが、いつもスタッフに助言をもらいながら頑張っています。院内でのキャリアアップは、あくまでもひとつの指標です。もっともっと自信をつけていきたいし、看護師として成長していけるよう頑張ります。今はレベルⅡを目指して研修を受けていますが、現在妊娠中ですので、評価会を開くのは産休明けになりそうです。
  • 9病棟 高原由江の写真
    9病棟 高原由江(卒後6年目)
    私は1年半前にレベルⅡを取得しました。取得のために、院内研修に参加したりケーススタディをしたりナラティブを書いたりと、様々な体験をしました。これらのことは、自分の看護の振り返りになり、これからの仕事に役立つことばかりでした。また、評価会は、あこがれの先輩がしっかり、自分の行動や看護の姿勢を評価してくださり、楽しくかつ学びの深まる会でした。休みに研修に出ていくことや評価会の資料準備など、大変に思うときもありましたが、評価会を終えた後は、充実感があったし“また頑張ろう!”と思うことができました。今後は、レベルⅢの取得に向けて、ボランティアに参加したり赤十字救急法の講習受講、看護研究など、クリアすることは多いですが、一つ一つの学びを自分のものにして、これからの看護ケアに還元していけるよう、真摯に取り組んでいきたいと思います。
  • 5病棟 佐賀昭子の写真
    5病棟 佐賀昭子(卒後7年目)
    私がラダーⅡを取得したのは5年目の時でした。1年目は未だ経年別の集合研修だったので同期のメンバーがどんなことをしているのかが解り、研修の場は同時に情報交換の場にもなっていました。しかし、2年目以降は同期の集合研修がなくなり、少し寂しい感じがしていました。しかしラダー研修が始まると、目的を同じくした、様々な年代の看護師が集まるため、自分とは全く違った視点や考え方があることに気づかされ、面白さを感じ始めました。また評価会では、普段聞けない同僚や上司からの自分の評価を直接聞け、モチベーションも上がりました。勿論同時に、課題を見出すこともできました。現在はレベルⅢの取得を目指していますが、更に、研修したことが病棟でのケアに活かされるよう頑張っていきたいと思います。