キャリアアップ

災害救護

日々の訓練を積み重ね、救護活動に臨んでいます。

日本赤十字社の重要な活動として、救護活動があります。当院では毎年、年度初めに救護班5班が編成され、災害が起こった時の出動はもちろん、赤十字や地方自治体の主催で行われる救護訓練(赤十字第4ブロック災害救護訓練や高槻市災害防災訓練をはじめとして、大阪国際空港航空機事故対策訓練、大阪府防災訓練)などに毎年参加し、日々の訓練を積み重ね、救護活動に臨んでいます。東日本大震災では約5か月間にわたり、職員が救護に従事しました。
東日本大震災では、看護師としての活動内容は、救護所や避難所での医療活動、青年の家などでのこころのケア活動、そして石巻赤十字病院への応援など多岐に及びました。こころのケアでは、災害によるストレスを受けた被災者に対して、傾聴などを通じてストレスの軽減を図り、継続したケアが必要と判断した方には、地域の保健師さんなどと連携して専門の病院医に引継ぎ、当院から5名の看護師がこころのケア要員として活動しました。
看護部としては日々の病院業務も怠ることなく、突然の災害に、即対応できるパワーとしなやかさを養っていくことに努めていきます。

※救護員の登録
救護員の登録にはラダーⅢの取得が必要になりますので、『救急法基礎講習』及び『救急法救急員養成講習』を受講することが義務付けられています。また、事前に救護員としての知識や技術を高めるために、大阪府支部主催の救護員基礎研修・ステップアップ研修会を受講した後に救護班として登録され、こころのケアの研修も救護員の研修の一環となっています。

災害救護

赤十字看護教育

赤十字概論 赤十字救護員研修(全職員対象)
こころのケア研修会 災害看護論
救護員基礎研修会(大阪府支部主催) 年2回 救護員ステップアップ研修会(大阪府支部主催)

赤十字看護教育

当院では、災害発生時にいつでも対応できるよう、医療救護班を5班、編成しています。通常、救護班は医師1名、看護師3名(看護師長1名含む)、主事2名(事務、車両操作等担当)で救護班が構成され、いざという時に備えて大阪府支部と協力して訓練等の実施をしており、迅速に救護活動が行えるように日ごろから心がけています。


・平成 7年 阪神淡路大震災 救護員150名派遣
 活動内容:避難所における医療救護活動、神戸市保健所職員と共に、地域に巡回診療
・平成16年 新潟県中越地震 救護員6名派遣
 活動内容:避難所における医療救護活動、地域の巡回診療
・平成17年 JR福地山線快速列車脱線転覆事故 救護員6名派遣
 活動内容:列車脱線転覆事故における医療救護活動
・平成19年 第11回IAAF世界陸上選手権大阪大会 救護員40名派遣
 活動内容:会場における医療救護所を開設し、臨時救護活動
・平成21年 台風9号兵庫県西・北部豪雨 救護員7名派遣
 活動内容:避難所における診療活動、地域の巡回診療、こころのケア活動
・平成23年 東日本大震災 救護員39名派遣
 活動内容:避難所における医療救護活動、地域の巡回診療、こころのケア活動
 ※救護員の人数は医師・看護師・事務などを含んだ人数です

国内の臨時救護

市民マラソンや各種イベント等に臨時救護として医師や看護師を派遣しています。

・ 御堂筋Kappo
・ 高井田東校区防災訓練
・ 高槻市健康フェア
・ 高槻シティハーフマラソン