看護部BLOG

看護部BLOG

  • 質の高いチーム医療・継続看護を目指しています。

    こんにちは、採用担当の佐橋です

    今回は2病棟看護師からの投稿です

    ありがとうございます

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

    産婦人科病棟・外来一元管理で

    質の高いチーム医療・継続看護の提供を目指しています

     

    2病棟産婦人科、小児科を中心とした

    あらゆる診療科の女性と小児の入院を受け入れる混合病棟です

    あらゆる診療科のうち、

    産婦人科については

    2病棟スタッフが産婦人科外来看護も実践する、

    産婦人科病棟・外来を一元管理している病棟です。

     

    今回は

    「産婦人科一元管理における

    チーム医療・継続看護について」

    ご紹介します

     

    平日、午前中は2名の病棟看護師

    または助産師が、

    産婦人科外来患者さんの診察介助や

    OP予定患者のOP前オリエンテーション、

    また助産師による妊婦さんの保健指導、

    正常な妊娠経過をたどる妊婦さんを対象に

    妊婦健診を行う、助産師外来も実施しています。

     

    平日午後は、

    一か月健診等の診察介助、

    子宮鏡検査等の検査介助だけでなく、

    助産師による母乳外来、

    出産後10日前後の母児を対象とした

    健やか親子健診を実施しています。

     

    病棟の患者さんを担当しながら、

    外来通院中の患者さん・妊婦さんの

    ケアを行う時もあり、

    外来に行ったり

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    病棟に戻ったり

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    忙しいですが、

    外来での関わりから

    既に入院した際のケアについて検討し、

    充実した継続看護が提供できると思っています。

     

    休日・夜間の妊産婦の救急受診や

    分娩目的の緊急入院時の診察介助は

    すべて2病棟スタッフが行います。

    外来通院中のハイリスクな妊産婦は

    いつ何時救急受診・入院するかもしれないので、

    情報は病棟でも共有しています。

     

    また、毎週金曜日の午後に

    医師、看護師、助産師、薬剤師の医療者間で

    産婦人科カンファレンスとして

    多職種合同のカンファレンス

    を実施しています

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

     

     

     

     

     

     

     

     

    このカンファレンスでは、

    産婦人科病棟の入院患者さんはもちろんのこと、

    次週入院予定の患者さん

    (主に手術予定、化学療法等の患者さん)

    外来通院中の分娩予定日が近い産婦さんや

    合併症のある妊婦さん、

    退院後も育児支援が必要だと思われる

    ハイリスクな褥婦さん情報を共有しています。

    そして治療・ケア方針の共有と検討の場にもなるので

    貴重なカンファレンスです

     

    看護師・助産師による

    ケアについての討議、

    治療に関する疑問を医師に確認したり、

    また、薬剤師さんには

    例えば化学療法をしている患者さんの

    薬剤管理について意見をもらったりします。

     

    ハイリスクな妊産婦さんからは

    ハイリスクな新生児が出生する可能性もあるので、

    小児科医師にも情報提供して、

    必要時は産婦人科カンファレンスに参加してもらっています。

     

    スタッフはこのカンファレンスに参加することで

    より疾患や治療、ケア方法について

    知識が拡がるのではと思っています

     

    このように、

    2病棟では産婦人科病棟・外来の一元管理を活かして、

    医療者間で情報共有し、

    継続看護に活かすと共に質の高いチーム医療ができるよう

    日々がんばっています