看護部BLOG

看護部BLOG

  • 血管造影室を紹介します!

    こんにちは、採用担当の佐橋です

    今回は放射線科 血管造影室の紹介をしてくだざいます!!

    ありがとうございます

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

    皆さん、こんにちは

    こちらは、放射線科所属の血管造影室です

     

    場所は1階CT撮影室の隣で

    7番の表示のあるところになります

     

    この血管造影室では放射線を使って

    検査・治療を行うため、

    被爆の問題があり、

    なかなか関係者以外が立ち入るのは難しい

    閉ざされた空間なので、

    今回はこのブログを使って私達の職場を紹介したいと思います

     

    私達がどんな仕事をしているかというと、

     

    月・水・木曜日は

    循環器の心臓カテ-テル検査・PCI(経皮的冠動脈形成術)、

     

    水・金曜日は腎臓内科のシャントPTA(経皮的血管形成術)、

     

    火・金曜日は消化器のTAE(肝動脈塞栓術)を行っています。

     

     

    こちらの写真に写っているのは、

    心臓カテ-テル検査とPCI(経皮的冠動脈形成術)を行っている

    循環器医師・看護師・臨床工学士・放射線技師です

     

     

     

     

     

     

     

    この写真は検査開始前の準備を行なっているところです。

    私達はお互いに協力もするけれども

    個々が自分の役割を果たすことによって、

    より安全でより効果的な治療が行えるよう日々取り組んでいます。

     

     

     

     

     

     

     

    一見、本か箱か何かが本棚に並んでいるように見えるかもしれませんが、

    治療器具であるバルンとステントです。

    1つ○十万円以上するものもたくさんあり、

    取り扱いには要注意です。

    間違えて開封することは決してなりません。

     

     

    検査の件数が多い時には朝から晩まで、

    この日の当たらない部屋で1日を過ごすこともあります

     

    また、循環器の緊急カテーテル検査

    24時間365日行なえるよう呼び出し体制をとっており、

    呼び出しがかかれば

    医師・看護師・臨床工学士・放射線技師が迅速に集まります。

     

    お風呂に入っている最中

    寝ている最中

    子どもを叱っている最中

    といつでも猛ダッシュで集まります

    患者様の心筋のダメージを少しでも防ぐべく。

     

    緊急であろうとなかろうと

    冠動脈の治療というリスクの高い検査・治療ゆえに

    緊迫する空気が流れる場面も多々あります。

    Drから怒鳴られることもありますが、

    皆で声を掛け合い治療効率の向上を目指して励んでいます。

     

    この様なやりがいのある血管造影室、

    興味のある方はいつでも歓迎しますので見に来て下さい