看護部BLOG

看護部BLOG

  • 夏の大事件

    こんにちは、採用担当の佐橋です

    暑さもだいぶマシになりましたね^^

    さてさて、今回は6病棟 看護師からの投稿です!!

    ありがとうございます

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

    こんにちは。6病棟の看護師Nです

    週2日研修、ちょろっと勤務というスタイルで、

    5月からお盆明けまで研修に通わせて頂きました

     

    ありきたりですが、

    本当に色んな事を学び

    いろんな方に支えてもらい

    研修を終えることができました

     

    そして、この約4カ月は、

    私の人生の中で絶対に忘れることができない日々でした。

     

    というのはですね、、、

     

     

    研修に通い始めたある日の夕食時、

    偶然の不運が重なり、

    子供二人が大けがをしたんですよ。

    今でもはっきり覚えてます。

     

    私の心臓は耳の中にあるのか(笑)

    ってくらい鼓動が頭の中に鳴り響いてました。

     

    そして、看護師の性でしょうか。

    自然と心が切り替わるんですね。

    おかんから看護師へ。

     

    思いのほか冷静に対処し救急車を呼んでいました

     

    勤務中の救急車のサイレンって緊張するでしょ?

    この時ばかりはすごく安心する音でした。

     

    長男・次男がけがをしたんですけどね、

    次男のけがの方がひどくて

    緊急手術を受けることになったんです。

    旦那さんが長男の処置に付き添い、

    私一人で次男の緊急手術が終わるのを待っていました。

     

    急に不安が襲ってきてどうしようもなく、

    自分を落ち着かせるために電話をかけました。

     

    その相手は以前6病棟にいたナースYさん。

    留守電でした。

    そりゃ、ナースだし?夜勤かもしれないし。。。

     

    次に頭に浮かんだのは、うちのボスでした。

    (あっ、師長のことです。)

    今思うと笑えますが、

    その時思ったことがですね、

    「あかん。ボスは早寝早起きや。起こしたらあかん。」って(笑)

     

    そして「あの人は起きてお酒飲んでるはず」と

    6病棟のUさんに電話をかけました。

     

    ビンゴです

     

    電話に出てくれました。

     

    自分でも何をどう伝えたのか不明ですが

    「そうかぁ。大丈夫やろ。そんなんじゃ死なん。」

    と、あえての冷静な返答に安心したのを覚えています。

     

    留守電だったYさんからはLINEが届き、

    それもまた冷静な返事と

    「今から行こか?」

    の文字にやさしさを感じました。

     

    翌日、状況を伝えるためにボスに会いに病棟に行きました。

    その頃には、抑え込んでいた恐怖が蘇り私の心は限界でした。

    6病棟のエレベーターが開いた瞬間から涙が出ていたと思います。

     

    ボスに

    「私の心をケアしてほしい」

    と大泣きで、大けが事件を話しました。

     

    「大切なものを失わなくてよかったね」

    とボスの目にも、同じおかんとしての涙が浮かんでいました。

    そして、あえて冷静な電話対応だったUさんの目にも、

    Yさんの目にも涙。

     

    「みんなに怖い思いさせてたんだ。

    あの対応は、私を落ち着かせるためだったんだ。

    そこはやっぱりみんなプロなんだわ。」と。

     

    本当に心配かけました。

    そして、本当にありがとう!!

    本当に心から支えてもらいました!

     

    次男の入院に付き添い、

    病院から研修へ、

    職場へ、

    時々自宅

    なんて生活を2週間送りました。

    その間も、ボス・Yさん・Uさん、研修先の仲間から励ましてもらい

    無事に次男退院!

    何があっても忘れることが出来ない研修期間になりました!

     

    最後に、

    元気に回復した次男のおもしろ宿題で和んで頂こうかと思います(笑)

    想像豊かに楽しんでください

     

    覚悟はできましたか?

     

    では、どうぞ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ① 5cmもあるノート

      使い切るのに何年かかるん

     

    ② 遠足やのにたった5mしか歩かれへんの

      学校から出られへんやん

     

    ③ どんだけ長い鉛筆やねん

      中途半端な上腕筋じゃ使いこなせへんな。

     

    ④ 8kmの教室って

      一番後ろの人先生の声聞こえてんのか

     

    少しでも、楽しんでもらえたことを願って・・・

    以上!

     

    長々と読んでいただきありがとうございました!!