看護部BLOG

看護部BLOG

  • 「放射線治療と当院の治療室紹介」

    こんにちは、採用担当の佐橋です

     

    今回は外来 看護師からの投稿です!!

     

    ありがとうございます

     

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

     

    高槻赤十字病院 放射線治療室は

    男性技師3名、

    女性技師1名、

    がん放射線療法看護認定看護師1名含む

    看護師1~2名で業務しています。

    治療医師の診察は火曜日と木曜日に行っています

     

    治療装置はVarianの「Clinac iX」で、

    身体に直接付けた印だけでなく骨の写真でより正確に位置を合わせ、

    精度の高い放射線治療を行っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ↑ こちらは操作室で、

    必ず2人の治療技師が確認して治療を行っています。

     

    放射線治療は、多くの方が数週間にわたり、

    月曜から金曜まで毎日治療を受けられます。

    治療時間は15分程度ですので、

    外来通院される場合も多いです。

    仕事など日々の暮らしの中で、

    治療を受けられる方もいらっしゃるので、

    通院の予約時間を調整したり、

    印が消えてしまわないような日常生活の送り方など、

    患者さま、ご家族さまと相談しながら、

    快適な療養環境となるように

    お手伝いさせていただいています

     

     

     

     

     

     

     

     

    ↑ 地下の1番奥に放射線治療室があります

     

     

     

     

     

     

     

     

    ↑外来患者様は鍵のかかる更衣室を使用し、

    治療室入室中の荷物の管理をしています。

      

    日本は、放射線治療を受ける患者さんが少なく、

    欧米に比べて半分以下と言われていますが、

    近年大きく増加しています。

     

    しかし、医療従事者でも、

    放射線治療装置を見たり、

    放射線治療室へ入ったことがないという方も多いです。

     

    レントゲン撮影と比べると

    桁の違う高エネルギーの放射線を扱っていますので

    取り扱いは厳重にされていて、

    入室した人の届出が必要になっています

     

    院内のスタッフの方の見学は、

    放射線治療室に連絡を頂き可能ですので、

    是非ともご連絡ください

     

    放射線治療装置は

    どこの病院にでもあるというものではないので、

    当院で勤務されている間に一度お越し下さい

     

    先日行われた三島圏域がん研究会では、

    放射線治療がテーマとなっていて、

    放射線治療室スタッフは全員参加しました。

    講演の聴講と交流会を通し、

    近隣施設の治療室の方々ともお会いすることが出来ました。

     

    患者さまのため、

    より良い治療室にしよう

    と心新たにする機会となりました

     

    研究会のあとは、

    治療室のスタッフ間の親睦を図るべく?

    お酒を飲みながらの楽しいひと時を

    夜の高槻で過ごし、

    リフレッシュすることができました