スペシャリスト

専門・認定看護師紹介

専門看護師(Certified Nurse Specialist:CNS)

複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた看護師です。実務経験5年(そのうち3年は専門分野実践)以上で看護系大学院の博士前期課程を修了し、日本看護協会の専門看護師認定試験に合格した看護師です。

認定看護師(Certified Nurse : CN)

看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかるために、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた看護師です。実務経験5年(そのうち3年は認定専門分野実践)以上で認定看護師教育機関での課程(6ヶ月)を修了し、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格した看護師です。

専門看護師

がん看護専門看護師 楠岡京

がん患者さまとご家族の辛い心情に
寄り添いながら自律を支える。

がん相談支援センターでは、相談者が抱える苦悩や困り事をお聴きしながら、共に考え、その方が対処できる力を高める関わりを大事にしています。必要に応じ、情緒的・情報的サポートを提供致します。また、緩和サポートチームの一員として、がんと診断されたときから終末期まで、その人らしく過ごして頂けるよう多職種と連携しながら心と体の苦痛を和らげるお手伝いを致します。

楠岡京
老人看護専門看護師 原田かおる
原田かおる

高齢者の意思を尊重し、
人としての尊厳を大切にします。

高齢者が安心して治療を受け、もとの生活にスムーズに戻れるよう支援させていただいています。せん妄、転倒など、入院、治療に伴う混乱や機能の低下を予防、もしくは最小限にできるようスタッフと共に考え、多職種と協働しながら高齢者の療養生活支援に取り組んでいます。

慢性疾患看護専門看護師 今戸美奈子

その人らしく病気とともに生きることを支える。

慢性疾患をもつ人々と家族の方が、上手く病気と付き合いながら生活ができるようサポートすることが専門です。現在、呼吸器センター看護外来を立ち上げ、慢性呼吸器疾患の方々のケアに携わっています。また、相談や調整の役割を通して、複雑なセルフケアへの支援や治療の意思決定などにも多職種と協働して取り組んでいます。

今戸美奈子

認定看護師

がん化学療法看護認定看護師 諏訪亜希子
河井亜希子

安全・安楽・確実に
化学療法が行われるよう支えます。

抗がん剤投与を安全に確実に行います。そして、使用する抗がん剤に応じて副作用を考え、予防するための対策を患者様と考えます。また、2014年に開設した造血細胞移植後フォローアップ外来では、移植後の症状に対する対策や予防行動などの相談を受け、その人らしい生活が送れるよう支えています。

がん化学療法看護認定看護師 成相朋子

患者さんと共に治療に向き合い、
悩み、考えること

なんらかの副作用が必ず出現するのが抗がん剤治療です。そして、長期的かつ繰り返される治療のなかで、心身両面のつらさを抱えつつ、この治療に臨む患者さんに、安全・確実・安心して治療が受けられるように支援する役割を担っています。

成相朋子
がん放射線療法看護認定看護師 角田恵美子
角田恵美子

安心して受けられる放射線治療をめざしています。

放射線治療は手術、化学療法と並ぶ、がん治療の3本柱の1つです。入院で治療を受ける方、通院で治療を受ける方、それぞれの患者さまとご家族が安心して治療を受けられるように、適切な情報提供を行い、副作用を抑えられるよう、日常生活での対策を共に考えています。

緩和ケア認定看護師 藤原和子
藤原和子

いつでもどこでも、がんになったら緩和ケア

緩和ケア認定看護師は、”がん患者様と家族の方”に対して、”入院・外来など療養の場所は問わず”、がんの診断時からがん治療、終末期の全期間を通して、がんやがんの治療によって表れる様々な症状の緩和や、精神的な支援などお気持ちを伺いながら一緒に考えます。気軽に声をかけてください。

慢性心不全看護認定看護師 喜多千惠

心不全の再発予防が行えるように関わります。

心不全の発症により入院された患者様が、退院後の生活を、安全に安心して送ることが出来るようにお手伝いをさせていただきます。心臓リハビリテーションのチーム活動を通して、多職種と共に、患者様それぞれに合わせた関わりが出来るよう努めています。

喜多千惠
感染管理護認定看護師 松下めぐみ
松下めぐみ

耐性菌の発生や蔓延防止に取り組みます。

感染症治療に使用される抗菌薬の治療効果が最大限に得られるよう抗菌薬適正使用支援チーム(AST)として活動を行っています。院内での感染症の発症を防ぐことで耐性菌をつくらない、うつさない、拡げない医療環境の整備や感染制御チーム(ICT)と連携しながら感染管理体制の充実を目指しています。

感染管理認定看護師 佐賀昭子

環境を整えて、
感染対策を実施します。

手術室・中央材料室で活動をしています。院内感染対策チーム(ICT)の一員として、現場のスタッフと共に感染が拡大しないよう対策を考え、実施しています。誰もが出来る感染対策を考えることをモットーに、患者様が安心して治療が受けられる環境を整えられるよう、日々取り組んでいます。

佐賀昭子
皮膚・排泄ケア認定看護師 北田千世

患者さまのライフスタイルに合わせたケアの提供

褥瘡や創傷に関して入院中から退院後も適切なスキンケアと創傷管理が継続できるよう取り組んでいます。ストーマケアでは、手術前より関わり手術後からは個々に合ったケアの確立に向けて支援しています。また、ストーマ外来では退院後もその人らしく日常生活が送れるようケア相談を受けています。

北田千世